1級検定 実施概要・申込み

ƒ1kyu_logo
【1級検定】

2016年度の1級検定の申込は〆切ました。

2017年以降にご受験ください。

2017年の開催予定は、2017年夏にご案内いたします。

 

直前研修&検定試験 日程

※研修2日間・検定試験1日

第5回 1級検定
【研  修】
日時:2016年9月10日(土)    10:00-19:00
※終了後情報交換会(希望者のみ)   19:20-21:00 *費用別途
2016年9月11日(日)     9:30-17:20

会場:大阪研修センター江坂(大阪府吹田市)

【検定試験】
日時:2016年9月 25日(日)    10:40-17:00

会場:東京(飯田橋セントラルプラザ/新宿区)

 大阪(大阪府社会福祉会館/大阪市)

【申込開始】2016年7月22日(金) 11:00-

【申込締切】2016年8月8日(月)

※先着順で申込みを受け付け、定員に達した場合は、その時点で締め切ります。

受験資格

下記の2つのすべてに該当する方 ※年齢は問いません

(1) 2級検定に合格している

(2) 1級検定研修を修了している

※  9月10日・11日に実施する2日間の研修をすべて受講することが検定試験受験の要件となります。

※  2012年・2013年・2014年・2015年の1級検定研修を受講された方も研修の振り返りが評価に含まれるため、再度の受講をお願いいたします。(一部、受講料割引あり)

受験料

直前研修受講料 43,200円(税抜価格40,000円)(1級検定テキスト、1日目の昼食代込)
検定試験料   10,260円(税抜価格9,500円)
=標準セット価格53,000円
JVCA正会員ならば48,000円

※2012年・2013年・2014年・2015年の1級検定研修を受講された方は、下記の料金になります。
標準セット価格43,600円
JVCA正会員ならば38,600円

定員

36名

お申込み方法

(1)インターネットによる申込み

申込みフォームからお申込みください。(2016年7月22日(金)11:00公開)

(2)郵送による申込み

申込書に必要事項を記入し、検定事務局まで郵送してください。

※FAXによる申込受付はいたしませんので、ご注意ください。

 

受験の流れ

申込み

【申込書の提出締切日(必着)】

8月8日(月)

※ただし先着順で定員に達した場合は、その時点で締め切ります。

↓
入金 申込書の受理後、1週間以内に入金手続きについてのご案内をFAXもしくはEメールでお送りしますので、指定の銀行口座に受験料をお振込ください。

【振込締切日】

8月16日(火)

↓
受験票テキスト 入金確認ができた時点で正式な申込みとし、2週間以内に受講票とテキスト、当日のご案内を発送します。
↓
直前研修受講
9月10日(土)     10:00-19:00
    11日(日)  9:30-17:20
↓
検定試験 9月 25日(日)10:40-16:30
↓
合否判定結果通知 検定試験委員会において合否を判定し、1ヶ月以内に受験者に文書で通知します。合格者には「ボランティアコーディネーション力1級検定合格証」を発行します。

 

評価方法

1.検定試験

検定時間 90分 120分
出題範囲 1級検定テキストおよび2級検定サブテキストから

90%以上を出題

出題形式 択一式筆記試験(4択)

および記述式筆記試験(企画提案書の作成)

作成した企画のプレゼンテーション

2.研修中に記入する振り返りシートの記載内容

 

合格基準

・上記すべての評価の合計を100点満点とし、70点以上を合格とする。

 

1級検定テキスト

1級検定テキストを使用します。1級検定テキストは、受験料ご入金後に受講票とともにお送りします。3級・2級検定で使用した公式テキスト、2級検定サブテキストは補助的に使用します。

情報交換会(懇親会)

1日目の研修終了後、全国から集まった受験者の皆さんや講師との情報交換、交流を深めることを目的とした情報交換会を開催します。
※ このプログラムの参加は任意であり、参加費(飲食代)は別料金です。
(参加費3,000円程度)

直前研修カリキュラム(約15時間)

※ケーススタディ、グループ演習を含む

【研修科目】
1)包括的なボランティアコーディネーションとは
2)市民社会づくりにむけた多様な協働をすすめるための視点
3)ボランティアプログラムの開発とは
4)ボランティアプログラム推進の視点
5)ボランティアプログラムの評価

【自己学習科目】
6)リスクマネジメント
7)災害ボランティアコーディネーション
8)新しい広報ツールの活用
9)協働のための合意形成の進め方
10)ファンドレイジング
11)ボランティアコーディネーターの倫理綱領

 

ボランティアコーディネーション力検定試験委員会

委 員 長 妻鹿ふみ子 東海大学
副委員長 栗木 梨衣 愛知県国際交流協会
委  員 赤澤 清孝 ユースビジョン
足立 陽子 首都大学東京 ボランティアセンター
岩井 俊宗 とちぎユースサポーターズネットワーク
上田 英司 NICE 日本国際ワークキャンプセンター
小原 宗一 北区社会福祉協議会
唐木理恵子 紬ワークス
加留部貴行 九州大学
公文真理亜 北九州市社会福祉協議会
後藤麻理子 日本ボランティアコーディネーター協会
杉澤 経子 東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター
竹田 純子 龍谷大学ボランティア・NPO活動センター
垂井加寿恵 神戸学院大学ボランティア活動支援室
疋田 恵子 杉並区社会福祉協議会
三田 響子 相模原市社会福祉協議会

 

注意事項

◆当日に関する注意点

(1) 1日目の研修は、昼食をとりながらプログラムを進めるため、軽食が付きます。研修受講料には1日目の昼食代が含まれています。2日目については昼食休憩をとりますので、外食かご自身でご用意ください。

(2) 宿泊の手配は事務局では行いませんので、各自でお願いいたします。予約は早めになされることをお勧めします。

◆申込み上の注意点

(1) お身体の不自由な方で、受験の際に教室や受験方法に配慮が必要な場合は検定事務局まで事前にご連絡ください。

(2) 以下の場合は受験することができません。

  • 申込期日を過ぎて申込書が検定事務局に到着した場合。
  • 申込書が受付期間内に到着しても、書類または手続きに不備があった場合。
  • 申込みに際し、所定の方法で申込みをされていない場合。

◆キャンセル

受験料を期限内にお支払いいただけない場合は、申込みを取り消させていただきますので、予めご了承ください。何らかの事情がある場合は、期限内に事務局までご連絡ください。

受験料振込後の払い戻しは、主催者側に非がある場合を除いて、検定料・受講料ともに一切お返しいたしませんのでご了承ください。

◆受験票

入金後2週間以上経過しても受講票が届かない場合や記載事項に誤りがあった場合は、必ず事務局へお問い合せください。

◆受験上の注意

(1) 次に該当する行為をした受験者は、その場で退場・失格とし、答案の採点はいたしません。また、不正行為等が合格認定後に判明した場合は、その合格を取り消しとし、以後の受験をお断りする場合があります。

  • 本人以外が受験する。
  • 他の受験者に迷惑をかける。
  • 試験監督の指示に従わない。
  • 携帯電話やPHSなどを使用する(時計として使用することもできません)。
  • 録音機器、カメラ、辞書、テキストなどを使用する。
  • その他不正行為

(2) 問題用紙・答案用紙の持ち出し、途中退出後の再入場も不正行為とみなしますのでご注意ください。

(3) 受験者の答案は公表いたしません。また、問題に関する質問には一切お答えできません。

◆合否結果発表

試験後1ヵ月以上経過しても検定結果が届かない場合は、検定事務局へお問い合せください。合否・採点・試験問題の内容に関するお問い合せにはお答えできません。

◆個人情報の取扱いについて

検定事務局は、当該検定試験の申込みによって取得した個人情報(住所、氏名、生年月日、性別等、個人を識別、特定できるもの)を以下の目的にのみ使用し、他の目的で使用することはありません。

  • 受験票や試験結果の発送等、検定試験や研修に関わる連絡
  • 受験者の受験履歴の管理
  • 合格者名簿の管理

また、これ以外の目的に利用する場合は、ご本人(受験者)の同意を得た上で行います。

1級検定実施要項

ボランティアコーディネーション力1級検定についての詳細は実施要項をご覧ください。本検定試験をお申込みされた方は、この実施要項に記載されている全ての事項について、同意しているものとみなします。

 

お問い合わせ・お申込み

ボランティアコーディネーション力検定事務局

認定特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-13 末よしビル別館30D

TEL: 03-5225-1545(火曜日-土曜日の10:00-19:00)

FAX: 03-5225-1563

Eメール: jvca@jvca2001.org