検定合格者調査結果

ボランティアコーディネーション力検定
合格者調査 結果報告

特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会では、2009年度にボランティアコーディネーション力3級検定を開始して以降、2012年12月末までの合格者1449人のうちEメールによる依頼が可能な方を対象に、検定合格後の状況を伺う調査を行いました。

この調査は、合格者が本検定を受験するに至った動機や、合格後の変化などを把握することによって、検定システムの改善に活かすとともに、検定の効果を社会的にPRすること。これにより、検定システムを幅広く浸透させていくとともに、合格者の社会的な信頼を高めることを目的に実施しました。

本検定の実施に当たって、これまでは検定内容の確立と周知に努力を集中してきましたが、今後はこの検定合格の意味を高めることにも力を注ぎたいと考えています。

調査結果報告

  1. 調査結果
  2. テキストと直前研修からの学び(記述回答)